施工の流れ

1. お問い合わせ

お客様から直接お電話をいただき、お客様の都合に合わせて現場調査の日程を決めさせていただきます。

矢印

2. 現場調査

決めさせていただいた日時にプロの職人が対象物件にお伺いいたします。
現場調査は全塗装をする上で非常に重要な作業です。お客様のお住まいの情報を実際に見させていただいて、家の大きさ、どのような劣化症状、必要な工事作業を確認します。
外壁塗装・屋根塗装・その他の塗装はお家によって状態が様々ですので、同じ大きさの家が全て同じ金額のお見積りになる、というわけにはいきません。
塗装面積をしっかり計測して、外壁・屋根・付帯部の症状を確認してそのお家に必要な作業を見極める、というのが現場調査です。

矢印

3. 見積書・外壁診断書

現場調査で実際にみさせていただいた症状をもとに外壁診断書とお見積書をお渡しいたします。

矢印

4. ご契約・施工前打ち合わせ・カラーシュミレーション

ご契約後、工期・料金・使用部材・工法等をご提案し、お客様にご満足いただけるまで打ち合わせを行います。

矢印

5.ご近隣への挨拶

お客様にとって心配なご近所様へのご挨拶などは我々が行います。
挨拶状と粗品をお持ちして丁寧に行います。

矢印

6. 施工開始!まずは足場の設置

初日に足場を組み、足場全体にメッシュシートを掛けます。

矢印

7. 高圧洗浄

高圧洗浄で埃・コケ・カビ汚れを綺麗に落とします。

矢印

8. 下地処理やシーリング

塗装をする前に下地の補修を行います。

下地処理・・・ペーパー等で前塗装の脆弱部分を手作業(ケレン作業)または専用機械などで表面を滑らかにしていきます。

シーリング工事・・・外壁のボードのつなぎ目(隙間)のシーリング材を撤去打替え又補充(増打ち)いたします。
その他にも、ビス止め、クラック(ヒビ割れ)の補修、外壁の劣化部分を専用補修材で補修いたします。

矢印

9. 養生

塗装をしない部分をマスキングテープやビニールで覆う作業を行います。

矢印

10. 塗装

お客様との事前の打ち合わせで決めた既存の壁材・屋根材に合った下塗り材を塗布します。
それから、お客様のご希望色を中塗り、上塗りと2回塗布します。

下塗り・・・防水効果やクラック(ひび割れ)の外壁強化の為、状況を診て1回塗り。酷い劣化が診えたときは2回塗りをご提案する場合もあります。

中・上塗り・・・1回塗りだと下塗り塗料や外壁面の色が薄く見えてしまい思った色にできないので2回塗りいたします。
(屋根も同様になります)

矢印

11. 検査

担当者がしっかり検査を行います。
塗り残し、塗りムラがないか全体の確認をします。
検査が終わりましたら、9での養生・マスキングを取り外します。

矢印

12. 足場解体

足場解体前に、再度お客様と塗り残しがないか確認させていただきます。その後にメッシュシートと足場解体となります。
同時に周囲の清掃も行います。

矢印

13.施工完了

最後にお客様と周囲の確認をさせていただき、お客様にご納得していただければ施工完了となります。

後日、工事に関する全てを書類に残し工事完了後にはそれらを一冊にまとめた報告書をお渡しします。その後のリフォームを検討する際、過去の修繕履歴から現状を把握することで、必要なリフォーム工事内容を効率的かつ的確に計画することが出来ます。

※工事後、気になる点があればお気軽にお問い合わせください。
※工事保障の対象とならない部分の補修工事は、有償対象となります。あらかじめ、ご了承ください。

矢印